セフレに戻るには

12月 8th, 2014

雪林『セフレに戻るには』という点について書いていきます。
セフレだった相手といつからか恋愛関係に発展するケースもあれば、恋人だった相手といつの間にかセフレになるケースもあります。
では、もともとセフレだった相手と恋人になり、やがてセフレに戻るケースはあるのでしょうか?
そもそも、そういった場合、どんな風にセフレに戻るのでしょうか?
なかなか難しそうな気もしますよね?
セフレとして半年を過ごし、いつの間にか恋人になり1年。
やっぱり、恋人としては違うと気づいたとき、『僕たちセフレに戻ろう』なんてあなたは、言えますか?
なかなか言えないですよね?
もちろん、もう戻りたくないという場合もあるでしょうけど、どうしても肉体関係だけは続けたい場合もあるでしょう。
もう、そんな時は、『友達(フレンド)としてこれからも会おう』と言うしかないですよね。
フレンドとして会ってるうちにだんだんセックスはする。
いつの間にか、セックスフレンドに戻っているという自然なパターンしかないですよね。
元々、肉体関係でうまくいっていたからセックスフレンドだったわけで、それが何らかの原因で恋人になったからといって、その肉体を手放すわけにはいきません。
そう思う人も多いでしょう。(ほとんど男性でしょうけど)
なので、セフレに戻りたい場合は、自然に、自然に、戻れるよう努力しましょう。
女性は、そういう戻り方を嫌う方も多いので、高確率とは言えませんが、最大限の努力をしてみましょう。
それでは、次に、もう1つの意味での『セフレに戻るには』について書いていきます。
もう1つの意味、それは、疎遠になった元セフレと戻るには?という意味です。
何らかの理由でセフレと会わなくなるというのパターンは、結構多いのです。
どちらかに恋人が出来たっていうパターン、恋人や配偶者にばれそうになったというパターン、新しいセフレが出来たというパターン。
恋人と違って、セフレは、『別れましょう』という必要がないので、自然といつの間にか合わなくなるものです。
逆に言えば、『あなたは今日からセフレよ!』というセフレとの記念日もないです。
自然とセフレになり、自然と会わなくなる。
それがセフレです。
だから、疎遠になった元セフレともう1度セフレになる時も、自然に会う約束をするより他ないですね。
結構、気まずいですけど(笑)
なんらかの理由をつけて久々にメールをして、しばらくは、メールでのやり取りをするというのがベストでしょう。
相手に戻れない理由があるかもしれませんし、探り探りでいくしかありません。
相手の状況にもよるので、結構、失敗するパターンもありますので、もしダメなら、新しい出会いを探しましょう。
セフレにも色々ありますね。